クンニ、ソドミーと不満:2014年にジェンダーと女性に焦点を当て

また読みますセックスと女性も不足を感じていることを不満マグセックスと女性も不足を感じていることを不満 重量ウォッチャーは、曲線美の女性に学びたいとき不可欠ニュース重量ウォッチャーは、曲線美の女性に学びたいとき "... デジタル女性の日:女子デジタル女性の日: "ウェブツールです...

彼らはもっとあります 千人の女性 今日、ほぼ50年1968年の性的革命、錠剤、中絶の権利と女性の喜びのリリース後のセクシュアリティについての心理学誌を求めていた多くの質問に答えていました。どのような彼らの97%が自分の欲望の話の考え方と全く快適に感じておりますので、それはまた、彼らである、最終的には言論の自由に加えて、研究から最初に出てきます 欲求不満男性パートナー先験的それほど好きではありません ささいなことは、彼らが提案したいです。

確かに、ほぼ2人に1人の女性(47%)が、彼女はより頻繁にセックスをしてしまうと言いました (18〜24歳の61%)、女性のわずか6%はあまり頻繁に持っていると思います。

2014年に男性の番です"片頭痛を持っています" ?

これは2014年に、片頭痛は、ベッドで変更されたことを意味していますか?シルバン・ミマウン、以前に心理学で疑問sexologistよると、男性は問題を減少させる願望に、単独またはペアで、彼のオフィスのドアを横断する可能性が高くなります。それは最終的に彼らの不満を発散しているだろう女性の主題に関する最近の現象や、遊離のスピーチですか?まず、両方のビット。

2008年には、イプソスとMenstyleが実施した調査であることを示しました 男性の39%が自分のコンソールではなく、自分のパートナーをなでる好みます. 以来、2.0男性の手を離れていません。このスマートフォンは、新たなペニスになることができ、彼から離れて、朝から晩まで精力的に洞窟から彼に起因するこれらの永遠の貪欲な考えをいじっ。ジャック・アレナスのために、作業父親の数も苦しみます " 症候群疲れ歳の男性 仕事でストレスを組み合わせた「IEの1、幼児、欲望とがっかりグラインドの浸食。簡単にフェミニンな組み合わせでしょう症候群。

セックス:やれること

2人に1人の女性は、その報告の頻度に失望するだろうと、この図にもかかわらず、調査は喜びの制限数年後、彼らは、自分の体が歓喜片頭痛か片頭痛を作るために決定されていることを示しています。それらの20%が週に一度セックスを報告した場合は、50%が「少なくとも一回」があり、 2、毎週5〜27%. それは想像杯を待って、それらの品質を注意することが来るときしかし、触知です。その後、彼らは、0〜10性的な関係から評価するように求めていた、彼らは実際に評価されている第三です「4から6に、」ちょうど平均(50%は彼らにすべてのための7/10のマークを与えます同じ)。前任者、今日の女性は、結婚のほとんどが非処女に到着したとは異なり、市場を開拓し、着陸前に比較することができました...

わずか2人に1人の女性はクンニリングスを愛します

彼らは、彼らが好きなものを知っていると、彼らは少なくとも好きなものを。特に、一つの図は、複数を驚かせることがあります。 女性の唯一の52%は、彼らはクンニリングスが好きと言います, と 12%の肛門. ゴーンポルノ映画のファンタジーは、女性が、ポルノスターのように、大幅に男性のファンタジーを満たすと確信し、最年少にキスを良いガイドとなっています。

他のより一般的な数字が、再びうんざりする必要があり、 5人の女性(19%)に1人がすでにシミュレートしたを認めます.

今日は50歳以上の女性の90%が1970年に唯一の53%に対して、定期的なレポートを持っている場合しかし、これらの結果と発表した変更をTempérons レポートの頻度は四十代を持って、彼女は、何50年で変化していません. はるかにオープン世代Y性的な問題と服従の年後に彼らの復讐をする準備ができて捕食者として描かこれらの女性については、キャサリン・ブラン多くの場合、彼らは「彼らとの愛の作成を行うプロジェクトを持っていることを説明してジムに行きます。」要するに、私たちは皆、毎日治療する義務を負っていることを示唆している会社のポルノストリームによって課される「正常」とは、「誰もが同じよう」同様にこれらの体積および定性的なパフォーマンスの原因である可能性がありものに更新しました女性が今日必要とされるであろうということ。

男性と女性は、ペースを共同セクシュアリティのこの新しいターンに取り組み、最終的には、見つけることがパンティーをリラックスした場合は、そのすべての人に合うのでしょうか?

This entry was posted in . Bookmark the permalink.